スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/20 練習試合 vs ALEGRISAさん@SC浜野

相手チームのALEGRISAさん、強かったね。
ざっと探してみたところ、オープン大会、レディース大会、ミックス大会と、何度も優勝してました。元々通じるとも思ってなかったのでこんなものかと。みんなの危機意識が上がったなら意味があったと思う。

ミックスでの戦い方のお手本だったと思う。
男性3人でDFして、ゲーム作って、男性1人が上がってきて、女性2人でゴールする。
女性はダイレクト、ワンタッチ、ツータッチで捌けるし、体の使い方が上手かった。
昨日は女性が点を取れなかったというより、取らせてあげれなかったことを反省しよう。
女性に点を取って欲しいなら、普段からみんなで指導しよう。ゲームになった時にだけ注文するのはよくない。女性がしっかり動けないのは男性陣の責任かな。

大会になれば女性は1ゴール2得点。あのくらいのレベルになると、男性だけでゴールしても意味ないよね。
個人的には昨日みたいなガチなミックスはまた違う楽しみ方があってよかったかなと思います。

しばらくはあのチームを目指して少しずつ積み上げて行こう。女性はどんな体制、どんな局面でもボールが来ることを意識して、まずはしっかり止めることから。男性はまずゲームを作れていない。苦し紛れで女性に対してロングボールを当ててしまうのをやめよう。

現時点ではマイコもエリちゃんも良くやれてると思います。普段、ワイワイやってる中でも自分の課題を少しずつ克服してけるように頑張ろう。
僕も女性の動きを教えてあげれるように、勉強します。

1/23 練習@SC浜野

今回は練習40分の後、ゲーム。
新人さんが2名来てくれた。
チームNISHIvsチームHIROSHI。

だんだん紅白戦のレベルも上がってきたかも。
後ろでのパス回しや、ファーに詰める意識は向上してきたように思う。
ポジションチェンジが流れるようにできるとすごく気持ちいいね。

新人の方はうまかった。
単純なフットサルなチームで一番だろう。失礼だが、年齢を感じさせない動きだった。

ちょっと気になったのは、声が出ていないこと。
声を出すというよりは、プレーに対しての意思統一をどうするのかを考えたほうがいい。
プレーの間に話したり、終わってからでもいいので、
ミスが何故起こったのか、どういうパスが欲しいのかを話し合って、お互いの意識の差を埋めれるといいのでは。

試合が終わった後もメンバーから、
「正しい、正しくないは結果だからしょうがないけど、何を目標にやってるかわかった方が、
ゲームが楽しい」と言われた。

本当その通り。集まって球蹴るだけなら、チームとして組織する必要もない。
やっぱり、チームとして戦術だったり、パターンをみがいて、
個からの脱却をして、相手を翻弄して勝ちたいからチームがあるわけだから、
その辺はみんながもう少し意識して欲しい。

2011年始まりました。

今週から活動も本格化。
でも、G.O.Iとしては1/3から始動していた。
先週も対戦はあったけども、取り立ててトピックもないので割愛。
新年1発目で、様子見だったし。

さて、今週はお馴染みVITさん。
試合前のmtgで言った事は、
・強引でもいいからLの形を作ること
・普段攻撃が真ん中に偏るから、ワイドに展開すること
・いつも通りマンマークの徹底
をみんなで確認。

Lは意識するものの中々出せない。
それでもKUNI、TAKE、RYOでポジションを入れ替えながらの展開は割りと可能性を感じた。
KUNIがトップの位置に入り、攻撃に変わると、底のTAKEとチェンジ。
RYOがパスを当てて展開。
その展開の中でファー詰めでの点が出たことは進歩だと思う。

ワイドの展開はやっぱりちょっと苦手。
中へ中へドリブルして引っかかってしまう。
大会になるとプレスは段違いに強くなるし、
練習試合の時からしっかり意識付けしないと一番大事なところでミスしそう。

マンマークは意味を共有できていない。
ひたすらマンマークなのか
ゲームが切れたらマークを変えるのか
相手が交差したらマークをスイッチするのか
僕とTAKEは
『ハーフからのマンマークで、ゲームが切れるごとにナンバーコールで確認、
スイッチは数的不利な状況になるまでしない。』
意識でいるが、メンバーは果たして・・。

年齢的にも一般人ならそろそろピークを過ぎるはず。
それでもフットサルでなら戦えるだろうし、
今年一年でどこまでレベルアップできるか。

今年も頑張っていきまそー

2010年最終活動 紅白戦@SC浜野

クリスマスということで、コートはがら空き。
おかげで声がよく通って集中できた。

最後のなので、しっかり練習。
いつもの基礎トレやって、Lやって、エイト。
んで、1-1、2-1、2-2、3-2、3-3、4-3。
自分が今どんな状況でプレーしてるかを的確に判断する練習。
人数が多ければフリーを見つけて回せば、DFが焦れてくる。
人数が同数ならスクリーンプレーでフリーになれる。
基本に忠実な方が突破できるということ。
焦れたほうが負け。当たり前だね。

それから1時間紅白戦。
みんなだんだん展開が読めるようになってきた。
急ぐか急がないか、回すか縦にいれるか、パスか裏に抜けるか
選択肢が増えてきてる。
また、活動に多く参加してる人とたまに来る人での差がつきはじめてきた。
これはいいことだと思う。
しっかりチーム戦術を理解してやれた時はカタにしっかりはまるし、
あまりわかってないゲストとかが入ってくると、崩れる。
つまり、来ているメンバーの醸成は図れているということになる。
今年1年取り組んできたことが少しでも形になって現れたのは良かったと思う。

昨日はGK僕がけっこう当たってたかな。
ニューグローブのおかげかも。
最後にスタッフにヤクザみたいな当たり屋がいたけど、まぁそれもご愛嬌。
タラフレなのにズルズル滑るってどうなのよ・・。

蹴り納め 紅白戦 @SC浜野

全員が集まる年内最後の活動。
助っ人も4名来て頂き、1時間の練習の後、2時間の紅白戦とした。

まずはコーチから教えてもらったメニューの反復。
ここのところできてなかったから忘れてた人が多かったね。
スクエア→スクエアワンツー→L→エイト
それぞれのポイントを皆意識してなさすぎるかな。
なぜそれをやるのか。

・スクエアワンツーは三角形をなるべく小さく。
1人を抜くための技術で、一気に打開するものでもない。
大きなワンツーになると前のDFに詰められちゃう。

・Lではシュートパスを打つタイミングがめちゃくちゃ。
ファーに人が詰めてないのに打ったり、ポスト役がシューターの声を聞く前に
出してしまったり。しっかり連携しないと完成しないかな。

・エイトで大事なのは入れ替わりと、ブロック。特にブロックの意識が低い。
ブロックプレーは身に着けると戦術にすごく幅を持たせることができる。

試合においても練習でやってることのチャレンジが全然出てない。
最後の活動で窮屈でも徹底的にやりたいね。

ミーティングでも話したけど、キャプテンがどういうチームにしたのかが見えてこない。
その未来像をみんなで共有して、練習していかないとね。

紅白戦は楽しかった。
YUSUKEのDFはコースを切るのが上手くて、GKをやってても守りやすい。
ニアは絶対打たれないからファー気味に構えてればいい。
まぁそこはニアに打たれたら終わりなんだけど、ニアを切るのはDFという
役割がしっかりわかる。
他のメンバーがDFしてると、ニアにも少し隙があったりして、GKとしては、
コースが絞れなかった。

去年のようなお祭り的な感覚ではなかったけど、内容も濃く面白かった。
やっぱりテクニックがある人がいるとゲームが作れるね。
それでもその人たちに負けないように動くのは、フットサルの醍醐味でもあるし、
個人に対してチームで戦うというのは徐々にできつつあるのかな。

さて、来週で今年のフットサルもいよいよ終わり。
今年はかなり充実したのでは。まだ結成してから1年3ヶ月。
ここからがより難しくなると思う。
でも1年3ヶ月の足跡を確かに感じれる活動でした。
プロフィール

クニトモ

Author:クニトモ
SC[ma11056/goigoi]
KEL[000221/5151]
ANE[28777/9244]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。