スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/23 練習@SC浜野

今回は練習40分の後、ゲーム。
新人さんが2名来てくれた。
チームNISHIvsチームHIROSHI。

だんだん紅白戦のレベルも上がってきたかも。
後ろでのパス回しや、ファーに詰める意識は向上してきたように思う。
ポジションチェンジが流れるようにできるとすごく気持ちいいね。

新人の方はうまかった。
単純なフットサルなチームで一番だろう。失礼だが、年齢を感じさせない動きだった。

ちょっと気になったのは、声が出ていないこと。
声を出すというよりは、プレーに対しての意思統一をどうするのかを考えたほうがいい。
プレーの間に話したり、終わってからでもいいので、
ミスが何故起こったのか、どういうパスが欲しいのかを話し合って、お互いの意識の差を埋めれるといいのでは。

試合が終わった後もメンバーから、
「正しい、正しくないは結果だからしょうがないけど、何を目標にやってるかわかった方が、
ゲームが楽しい」と言われた。

本当その通り。集まって球蹴るだけなら、チームとして組織する必要もない。
やっぱり、チームとして戦術だったり、パターンをみがいて、
個からの脱却をして、相手を翻弄して勝ちたいからチームがあるわけだから、
その辺はみんながもう少し意識して欲しい。
スポンサーサイト

2011年始まりました。

今週から活動も本格化。
でも、G.O.Iとしては1/3から始動していた。
先週も対戦はあったけども、取り立ててトピックもないので割愛。
新年1発目で、様子見だったし。

さて、今週はお馴染みVITさん。
試合前のmtgで言った事は、
・強引でもいいからLの形を作ること
・普段攻撃が真ん中に偏るから、ワイドに展開すること
・いつも通りマンマークの徹底
をみんなで確認。

Lは意識するものの中々出せない。
それでもKUNI、TAKE、RYOでポジションを入れ替えながらの展開は割りと可能性を感じた。
KUNIがトップの位置に入り、攻撃に変わると、底のTAKEとチェンジ。
RYOがパスを当てて展開。
その展開の中でファー詰めでの点が出たことは進歩だと思う。

ワイドの展開はやっぱりちょっと苦手。
中へ中へドリブルして引っかかってしまう。
大会になるとプレスは段違いに強くなるし、
練習試合の時からしっかり意識付けしないと一番大事なところでミスしそう。

マンマークは意味を共有できていない。
ひたすらマンマークなのか
ゲームが切れたらマークを変えるのか
相手が交差したらマークをスイッチするのか
僕とTAKEは
『ハーフからのマンマークで、ゲームが切れるごとにナンバーコールで確認、
スイッチは数的不利な状況になるまでしない。』
意識でいるが、メンバーは果たして・・。

年齢的にも一般人ならそろそろピークを過ぎるはず。
それでもフットサルでなら戦えるだろうし、
今年一年でどこまでレベルアップできるか。

今年も頑張っていきまそー
プロフィール

クニトモ

Author:クニトモ
SC[ma11056/goigoi]
KEL[000221/5151]
ANE[28777/9244]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。