スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ミックス大会参加

恥ずかしい散々な結果だった。
負けたことは当然として、チームとして戦う気持ちがほとんど見られなかった。
ただみんなで集まってボールを蹴りたいなら、練習試合でいい。
大会に出るからにはそれなりにモチベーションの用意もあったはずだと思っている。

ただ、相手チームを見て、自分達の課題に気付けたり、
女性人も刺激を受けたので、これをまた次回に活かしたい。

モチベーションはともかくとして、
見えた課題としては、
・ボールホルダーへのチェックのポジション
・守備、攻撃のポジションチェンジ
・パスワーク
・ファーポストでの詰め
というフットサルの最も基本的なところ。
特に、前からだが、ゾーンが低すぎて、攻撃に移ったときに距離が長すぎる。
また、自陣に近い位置で守るため、ミスが即失点となってしまう。
もう少し約束事を確認して、DFラインを上げたい。

また、大会になった際の女性陣の課題としては、
・ボールを受けたときの判断。
・トラップからシュートまでのスピード
・浮き球の処理
が見えた。
正面からのパスはだいぶ止まるようになったし、
見ていて非常に上達したとも思う。
しかし、大会で勝つためには、やはり課題を克服しないと厳しい。
特に守備ラインがプレスを受けると、前にいる女性に出すボールは、
強くて早いボールか、裏を狙う浮いたボールになってしまう。
そこを確実に拾えないと攻撃が成り立たない。

昨日の試合で学んだことを、
相手がどこだろうと、着実に実践して次につなげたい。
VITとやるときも、マーチとやるときも、
負けてもいい。
負けてもいいから、チームとして少しずつ前進しないことには、
ただ蹴って終わるだけのチームになってしまう。

紅白戦や、ゆるい雰囲気の中でもどれだけ向上を意識して
フットサルをやれるか。
今日の屈辱をバネに、年内にはミックス大会で優勝しよう。
俺は諦めないよ。
スポンサーサイト

チーム拡大中

掛け持ち、時間が空き次第という形ではあるものの、
田口さん、谷口さん、上井さんの3人を新しくメンバーとして
迎えいれることができた。

まずは3人に感謝。そして徐々に新人さんを迎えることの大事さを
メンバーが理解してきたのかもしれない。

どう予定を組んでも全員が参加できない日が多くなってしまった。
でもいつでも五井に行けば、フットサルがやれるチームがある。
そんな風に思ってくれるように、これからも精力的に活動していくつもりだし、
そうなっていったら、もう代表がいなくても、
活動できるようになると思う。

これで男性が11人になった。
予定がまだ中々合わないが、紅白戦もできる。
もう少し集まったら、戦術練習やミーティングを重ねて、
誰が出ても同じ動きができるチームにしたい。

しかし、チームに人を入れるということはそれだけ責任も増すということだ。
その責任とは・・
その人のために、スケジュールを組むということ。
その人に合わせた内容にすること
ふざけて「じゃぁユニフォーム何番にする?」とか聞くことの重みをもう少し自分自身も考えたい。

ERI、ORIがユニを作ってくれた。
MAIも作るみたい。
ということは、月に何回かは女性が活躍できる活動をするということ。

田口さん、上井さんも時期も見て作ってくれそう。
ということは、もっと千葉寄りの活動を増やすということ。
戦術をしっかり練習するということ。

チームに入れるというのは、ユニフォームを作ってもらうというのは、
こちらもそれに見合う内容を提供しなければならないだろう。
チーム活動とはそういうことだと思う。

今も僕はできるだけ全員が1ヶ月に数回活動できるように、
スケジュールを組んでいるつもり。
不公平がないように。

今回たまたま人間的にも素晴らしい3人が入ってくれたが、
これから来てくれる人が常識人である保証なんてどこにもない。
ナンパはじめる人も、宗教勧誘する人も、犯罪を犯す人も、
よく聞く話ではある。

そのため、新人さんとのリスクはできるだけ僕一人で負うようにしているし、
掲示板も正式加入までは教えていない。
自浄作用を強め、自分達を律して、しっかりした活動をしていきたい。
そんな意識をみんなにも少しもってもらいたい。


プロフィール

クニトモ

Author:クニトモ
SC[ma11056/goigoi]
KEL[000221/5151]
ANE[28777/9244]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。